1120

November 20, 2017

 

 

    虫の知らせがあった翌日、祖父がこの世を去った。最期は、すぅーっと眠るように息を引き取ったらしい。

    今年の夏、会いに行って本当に良かったと思った。10分くらいの時間だったと思うけど、それが祖父と過ごした最期の時間になってしまった。

    人を見送る経験をして思うことはたくさんあるようで、でもそれはうまく言葉にできない。けれど、会える時に会っておいたほうがいいってことは、本当に実感する。

    昨日の夜、心にゆっくり沁みわたるように寂しさが広がっていくのを感じて、「また会いたいなぁ」と思ったし、寂しいってこういうことなんだなとじんわり胸に感じた。でも、また会いたいと思える家族で良かったよなと思う。

 

    小さく箱に収まった祖父を見ても、空港へ向かう道のりでも、祖母の時と同じで、本当はどこかに祖父がまだいるような気がしてならない。

    きっと、父や母、親族の誰かが旅立った時も、また同じことを思うのだろう。

 

 

Please reload

  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle