0721

July 20, 2017

春を過ぎたあたりから、写真以外の仕事もいただけるようになって、

ありがたいことに忙しい日々を送らせてもらっている。

でも仕事が詰まり気味になると、寝不足の日々が続く…(肌荒れもひどい)。

複数のことをバランスよくこなすのが苦手なので、

ここのところ他の仕事に押されて写真に集中できない。

ちょっといい考え、というか言葉の感じとか、頭に浮かんでたこともあったけど、

そういうのって大抵すぐに消えてどっかに行ってしまう。

よくメモを取るほうだけど、いいなと思ったものはあまり剃れてないことが多い。

 

うーん、勿体無い…

 

ちょくちょく写真家の作品に対する考えとか、取り上げられる作家の作品のプロセスだったり、

そういうのを目にするけど、当たり前のようにほとんどがただやってるだけじゃないものばかり。

例えば、写真だったら、ただ記録するんじゃなくて、そこに一つ二つ作家の工夫? みたいなものがある。

まあ、そういう作品は奥深いなと感じるし、その作家の個性? 独自性? うまく言えないけど、

唯一無二感があるように思う。

 

自分もそういう、ただ撮っただけじゃないものに憧れて、

どうにかこうにかやろうとしたことがあったけど、どれも続かなかった。

向いてなかったのか、根性がなかったのか、そうすることで言いたいことがあったわけじゃなかったのか。

しっかりと作家活動をしている人からすると、言い訳がましくもあるのかな。

作品は日々の生活の中で作っていくしかないし、そのあたりのバランスも、私はまだうまく取れてない。

でも、それが写真と長く付き合えてるのかなぁと思ったり。

 

一つ言えるのは、写真に出会えたことで確実に自分の生活は豊かになった。

 

Please reload

  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle