1212

December 12, 2016

自宅から電車やバスを乗り継いで行くと、ユリカモメが集まる場所がある。

だいたいおじさんが餌をやっているからそれ目当ての群れができるのだが、そうでなくても元々彼らは群れで行動するらしい。

ユリカモメは渡り鳥で日本の古い詩にも出てくるそうで、今の時期は越冬のため日本の湖や沼地に飛来してくる。

春になる頃には、毛が抜け替わり黒頭巾を被ったような装いになるそうだ。

 

白い羽を羽ばたかせ、きらきらと水面を揺らめかせる姿は、シャッターを切るに充分な理由になる。

キーンと引き締まった空気に身が縮こまる季節でも、美しいと思える瞬間を捉えられれば、

わざわざカメラを持って彼らに会いに行くのも悪くないと思える。

 

 

Please reload

  • Instagram - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle